京葉ガス RECRUITING INFORMATION

SPECIAL CONTENTS
若手社員座談会

京葉ガスの未来を担う人財へ。

  • お客さまサービス部
    葛南支社お客さま
    サービスグループ
    2018年入社
  • エネルギー開発部
    エネルギー営業センター
    法人営業グループ
    2019年入社
  • ネットワーク保全部
    本管保全グループ

    2017年入社

01入社動機
地域への貢献度と新しいことに挑むチャレンジ精神

岡本:
大学院では応用化学を専攻し、セシウムを吸着できる粘土の研究をしていました。就職にあたっては、会社の規模が大きすぎず、入社後幅広い仕事が経験できることを軸に会社を訪問していました。大学での合同説明会で京葉ガスを知って、エネルギー業界に関心を持つようになりました。最終的に、地域社会への貢献度とあたたかい雰囲気を持った社員の方への共感が決め手となり、入社を決めました。
山本:
私は大学で福祉学を学んだのですが、就活当初は幅広い業界を見て回りました。軸としては女性でも長く働ける会社という観点から会社選びをしました。京葉ガスは地域に根ざした会社ということもあり、転勤することなく、総合職として働き続けることができると思いました。最終的な決め手は岡本さんと同じように、面接などを通し、社員のあたたかさに触れたことですね。
小林:
僕も京葉ガスを選んだ大きな理由として、社員の方のあたたかさやおおらかさ、自由な雰囲気などが挙げられます。僕は大学院で地球環境科学を専攻し、地震などの研究をしていました。地学系の学科でしたので、就職にあたってはエネルギー業界に強い関心がありました。数あるエネルギー会社の中でも、最終的に京葉ガスを選んだのは、岡本さんや山本さんもおっしゃっているように、地域に根ざした会社というのも大きな魅力でしたが、都市ガス自由化に伴い、どんどん新しいことにチャレンジしていこうという雰囲気を感じたのも、大きな入社理由でした。

02入社後の印象
地域からの信頼度の高さと少数精鋭の働きやすさ

岡本:
実際に入社すると、部署内外問わず困った時に助けてくれる人が多く、業務についても相談しやすい雰囲気だと感じました。
山本:
それは私も同じです。それぞれのメンバーの誕生日には、お昼休みや終業後の時間を使ってお祝いをするなど、とても仲がよくあたたかい雰囲気です。また、部署の内外を問わずロールモデルとなる方が多く、自分のキャリア目標を立てやすいですね。
小林:
僕はまだ入社1年目ですが、本当に先輩方に親身な対応をしてもらっています。地域からの信頼度も非常に強いと、改めて感じました。
岡本:
やはり地域での知名度が高いから、工事や点検に際しても、お客さまに安心して話を聞いていただけますよね。
山本:
確かに、「京葉ガスさんだから……」と言った言葉をいただくことが多いです。
小林:
規模が大きすぎない会社だから、若手の意見やアイディアもどんどん受け入れてくれ、例えば、都市ガスの自由化に伴う変化に対しても、さまざまなことに柔軟に対応できるかなという印象も持ちました。

03現在の仕事、やりがい
お客さまの快適で豊かな暮らしを支えるやりがい

岡本:
私はネットワーク保全部に所属し、ガバナと呼ばれるガス整圧器の点検・管理を行っています。電気防食の点検・設備の増設なども担当しています。ガス事故を未然に防ぎ、お客さまに安定的にガスを供給することが大きなミッションです。縁の下の力持ち的な役割ですが、そこにやりがいを感じますね。
山本:
私はお客さまサービス部に所属しています。一般の家庭を訪問し、都市ガスへの切り替えや電力販売の営業活動を行っています。TESや浴室暖房乾燥機といったガス機器の提案なども行っています。それぞれのご家庭にとって、どんなエネルギー選択がメリットにつながるかを説明し、少しでもお客さまの快適な暮らしに役立てたらと思い、業務に取り組んでいます。
小林:
エネルギー開発部に所属して、新築の業務用物件に対する営業を担当しています。学校や病院といった大・中規模の物件に対して、主にガス空調の提案を行っています。飲食店などの小規模物件に対しては、ガス工事の窓口として関係各所との調整を行い、ガス販売量の拡大を目指しています。
岡本:
それぞれの業務では、どんなところが難しいですか?
山本:
電力の販売では競合他社が多いですから、地域での当社のブランド力をどう活かすかだと思っています。そのためには競合他社の情報も熟知する必要があります。お客さまにとってメリットは何かを常に考えるようにしています。都市ガスへの切り替え案件ですと、既存のガス管ルートを考慮する必要があります。そのための設計変更に伴う調整業務も難しい点の一つです。その際にも、安全性や景観など、お客さま目線を忘れないようにしています。
小林:
僕はまだまだ専門知識が足りないことが難点です。建設会社様にアプローチすることも多いので、プロ同士の会話も多く、折衝の仕方が難しいですね。新築物件の場合、完成日が決まっていますので、そのスケジュール調整の難しさがあります。先輩や上司に習いながら、分からない点はどんどん質問するようにしています。
岡本:
入社2年目に電気防食の担当を任されたのですが、ガスの知識だけではなく、電気の知識も必要になり、最初は苦労しました。逆にその苦労が自分のキャリアや知識の幅を広げてくれたと思います。ガス以外の技術知識も求められるとこころが、この業務の難しさであり、面白さです。

04目指すキャリア
幅広い業務経験を通して、確かなキャリアップを図る

岡本:
今後の目標や目指すキャリアを教えてください。僕の場合は、入社1年目は基本的には先輩に同行し、作業を手順通りこなすことを心がけ、2年目から独り立ちをして、担当案件を任されるようになりました。ガス供給設備にもさまざまなものがあるので、まずは幅広い設備を経験し、この分野のエキスパートを目指したいです。将来的には、供給本部内のさまざまな業務を経験し、多方面から安定供給に貢献できる人材を目指して、キャリアを積んでいきたいと思っています。
山本:
直近の目標はガス機器や警報器などの商材の提案力をアップすることです。まだ提案したことのない商材があるので、社内の講習会などに積極的に参加したり、お客さまとの接点機会を通じて、知識アップを図っていきたいと思っています。お客さまサービス部は女性の営業担当者も多いので、後輩たちが目標としてくれるロールモデルになりたいですね。
小林:
今はまだ分からないことばかりですので、まずは自分の業務についてしっかりと知識を深め、営業マンとして独り立ちすることです。将来的には営業以外の業務も経験し、幅広い知識を身につけ、多方面で活躍できる人材を目指したいですね。都市ガスの自由化に伴い、新しい業務も増えていく可能性もありますので、色々なことに挑戦していきたいと思っています。
岡本:
お互い、これからも頑張っていきましょう!