社員を知る:先輩メッセージ

  • 島谷 菜摘
  • 梅澤 界人
  • 河島 美咲
  • 田近 伸二
  • 菊池 友真
  • 奥山 忠和
  • 山田 浩崇

工事完了のたびに感じる達成感

エネルギー開発部 エネルギーサービスセンター
供内管工事グループ
田近 伸二
2010年入社

ガス工事の最前線に携わる
主に飲食店や工場などの業務用施設を対象に、供内管の工事を行っています。供内管とは「供給管」と「内管」の総称で、道路に沿って走るガスの「本管」に対し、そこから建物にガスを引き込むための管のことを指します。私の担当は施工管理で、工事の工程管理のほか、CADを使って現場ごとに判断が必要な細かいルート調整も行います。配管作業に立ち会い、作業に問題がないか確認することも重要な仕事です。
私は土木工学科の出身で、もともとガス工事に係わる仕事を希望していましたが、実は入社するまで営業部門の中に工事を担当するチームがあることを知りませんでした。実際に供内管の業務に携わってみると、イチから作り上げる工事が多いため、魅力を感じています。工事が無事完了し、現場でお客さまと一緒にガスの開通を確認する瞬間は、毎回新鮮な達成感があります。
多くの人と係わる刺激的な現場
建築工事の現場においては、京葉ガスの人間だからといってガス工事の内容だけを把握していれば良いわけではありません。同じ現場で作業を行っている建築会社や設備会社の方々との細かい調整や折衝も求められます。ガス管は他の配管に比べて、少々狭い場所や複雑なルートも通しやすいので、時に工事計画の優先順位上、後回しにされてしまうことがあります。助け合える部分は助け合うことも大切ですが、一方で譲れない部分はしっかりと主張する交渉力も必要です。建築など他分野の工事の作業内容や工程全体をイメージすることはまだまだ難しく、打ち合わせの際は苦労もあります。今はとにかく、どんな分野の方とも仲良くなれるように誠意を尽くしています。いずれは建築分野の知識もしっかりと身につけ、現場において様々な人から頼られる存在になるつもりです。
スケジュールケーススタディ気になる時間帯をクリック