NEXT

PREVIOUS

Stage04 パトロールや通報で問題個所を捜索

3月31日をもって浦安地区の非常体制は解除された。しかし、予想をはるかに上回る規模の地盤変動や液状化で多くのガス管が損壊し、管内に水や泥が入り込んだ。損傷箇所の修理や仮設配管による臨時供給により浦安全域のガス供給は確保できたものの、未だに管内に残る水や泥への対応は続いている。仮設配管の復旧も行わなければならないが、まだ復旧できていない下水管なども残っており、電気やガス、水道など埋設物について一気に工事をしないと効率が悪いため自治体と相談しながら復旧計画の策定を始めたところである。現在も日々パトロールや工事の算段などを行い、震災前以上の状態に復帰させるべく努力を続けている。