PREVIOUS

Stage06 低炭素社会の実現へ

東日本大震災後の電力不足の問題もあり、自宅で発電し節電にも貢献できる「エネファーム」や「太陽光発電」への関心は高まりつつある。
京葉ガスにはこれらの環境にやさしい機器をもっと普及させ、社会に貢献する責任がある。
さらに今後も環境性の高い天然ガスの普及拡大・高度利用、再生可能エネルギーの活用や新技術の開発・導入等を推進して、低炭素社会の実現に貢献していく。